Google+" /> 桜は咲いたかな?: てっけんだいありー:2番線 麻布学園鉄道研究部

2014年02月03日

桜は咲いたかな?

どうも宮さんです。
結局インフルにかからず、受験休みに無事突入した模様です。
この前に行った整形外科の件も現在は特に支障がありません。


宮さんは強いのだ。

さて、
2月1日の試験を受けた受験生の皆さんは
今日2月3日は合格発表の日であったと思います。

結果は人それぞれでしょう。
合格した人は、その結果を誇ってもいいと思います。
僕は試験が終わった直後から
「あ、これ受かったわ。」
と高をくくっていたのですが、
「もしかしたら落ちちゃったかも…」
とか不安になっていた人も多いはずです。

まずは、おめでとう。そして、ゆっくり休んでください。
これを読んでいる保護者の皆さんも、ぜひ息子さんを褒めてあげてください。

ただし、油断は禁物です。
このブログを読んでいるであろう合格者の諸君、
安心してゲームばっかりやっていると偏差値が半分くらいになっちゃいます。

「お馬鹿さん」な状態で鉄研に入らないように(汗)

残念ながら…という方、よく頑張りました。
はっきり言って、君の人生が終わったわけじゃないです。
人生80年の内の6年間をどう過ごそうなんてちっぽけなものです。
これを機に、開き直れるような人間になってください。
そして、ほかの学校に入ってもぜひ「鉄研」に入ってください。
いつかその知識で麻布と競い合う日が来るでしょう。
その時に備えて、しっかりと、自分のやりたいことを開花させてください。


麻布ではいろんなことが経験できます。
これは文章ではなかなか言い表せられないことです。
ただ、入って損はない、ということだけは言っておきます。
氷上前校長は、我々にいつも
「2兎を追え」
とおっしゃっていました。
学生生活では
「自分のやりたいこと」「自分がやらなければいけないこと」
常に反発しあいます。
どちらかに偏ってしまう、そんな人生は「1兎しか得ない」つまらないものです。
自分の裁量をきちんと考えて、2羽のウサギを追いかけていく。
最後に達成できなくても、追ったことには変わりありません。
6年間の最後を悔いのないようにできるような、
そんな学校生活を送っていただきたいと思います。









2羽の兎ではお腹は膨れませんけど。

合格おめでとう!!!!!

(宮さん)




posted by だいありー2nd at 18:27| Comment(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。