Google+" /> 俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!〜第1章 第3話〜: てっけんだいありー:2番線 麻布学園鉄道研究部

2014年09月30日

俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!〜第1章 第3話〜

この記事は下記サイトを参考に製作しております。
ぜひご参照ください。
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/home.html
『Arduino/Arduino互換マイコンで模型を走らせよう』



########第1章の1話と2話は下記から########
第1話
http://diary2nd.seesaa.net/article/404016113.html
第2話
http://diary2nd.seesaa.net/article/404034416.html

前回までのあらすじ


謎のエラーを解決して


なんとか危機を脱した宮さん


あとは組み立てるだけ……


だったのだが







第3話 試運転


さて、なんとかマイコンに書き込んだ宮さんでしたが、

いざ部品を組み立て、走らせようとすると








動かないぞおおおおおおおおおおおお


という悲鳴が……



ここまでうまくいったんになんでや


ということで原因解明から。


今回製作したのは
『RaMonino』
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/002.html


と呼ばれる装置です。


マイコンは5Vで動作するので

12Vを5Vに変換するコンバータ

マイコンからの命令で出力するモータードライバ

といった、マイコンの動作における共通の部分を固定化したものです。


書き込みも行えちゃう素晴らしい装置で、

こちらもサイトの作者様が作成されています。








正しく動作しないということは、


配線をどこかで間違えたのか

もしくは

マイコンのプログラミングに問題があったのか


どちらかになります。




ですが、前者の方は確認したところ全くなかったので

必然的に後者の方になります。








これはこまった



ということでうんうんうなっていたんです。




ある日仲良くしている同級生にそのことを話したのです。



「かくかくしかじかでさあ、なんかうごかないんだよねー」







「あー、arduinoってバージョンの違い関数が違うこともあるらしいよ」







なんですと




つまり、書き込みに使ったソフトのバージョンが違うと



家に帰って慌ててソフトを更新し、

ver 1.0.5-r2

から

ver 1.0.6

に変更して書き換えてみました。



あいもかわらず

さすがにこれで大丈夫だろ……

と思った宮さんは鉄研にRaMoninoとマイコンを持っていきました。



まずはRaMoninoを使ったPWM制御のコントローラから。

こちらも下記参照サイトに作者様が載せています。
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/remonino3.html


P1170211.JPG

こんな感じでパンの板ブレッドボードの装置を組んで

P1170210.JPG
ボリュームを付けて


P1170214.JPG
試験車両を動かすと……


うわあああああああ.png

動きました

これで書き込みは正しく行われていたことが分かりました。


続いて自動折り返し運転の方ですが、

RaMoninoと配線が少し違います。

P1170212.JPG

変更点はモータードライバ以降の配線です。

自動折り返し運転の項に出てきた配線と同じように変えました。

すると……







よっしゃあああああああああああああああああああああ




と言うことで、何とか運転まで行けました。


ここで第1章は終わりです。


次回からは


第2章 プログラミング編


をお送りします。












ただ今遅延1カ月


宮さんのメンタルは貧弱貧弱ゥ〜〜!!!!
僕が喜ぶまでポチポチをやめないでください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村





































posted by だいありー2nd at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406288207

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。