Google+" /> 自動運転: てっけんだいありー:2番線 麻布学園鉄道研究部

2014年09月30日

俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!〜第1章 第3話〜

この記事は下記サイトを参考に製作しております。
ぜひご参照ください。
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/home.html
『Arduino/Arduino互換マイコンで模型を走らせよう』



########第1章の1話と2話は下記から########
第1話
http://diary2nd.seesaa.net/article/404016113.html
第2話
http://diary2nd.seesaa.net/article/404034416.html

前回までのあらすじ


謎のエラーを解決して


なんとか危機を脱した宮さん


あとは組み立てるだけ……


だったのだが







第3話 試運転


さて、なんとかマイコンに書き込んだ宮さんでしたが、

いざ部品を組み立て、走らせようとすると








動かないぞおおおおおおおおおおおお


という悲鳴が……



ここまでうまくいったんになんでや


ということで原因解明から。


今回製作したのは
『RaMonino』
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/002.html


と呼ばれる装置です。


マイコンは5Vで動作するので

12Vを5Vに変換するコンバータ

マイコンからの命令で出力するモータードライバ

といった、マイコンの動作における共通の部分を固定化したものです。


書き込みも行えちゃう素晴らしい装置で、

こちらもサイトの作者様が作成されています。








正しく動作しないということは、


配線をどこかで間違えたのか

もしくは

マイコンのプログラミングに問題があったのか


どちらかになります。




ですが、前者の方は確認したところ全くなかったので

必然的に後者の方になります。








これはこまった



ということでうんうんうなっていたんです。




ある日仲良くしている同級生にそのことを話したのです。



「かくかくしかじかでさあ、なんかうごかないんだよねー」







「あー、arduinoってバージョンの違い関数が違うこともあるらしいよ」







なんですと




つまり、書き込みに使ったソフトのバージョンが違うと



家に帰って慌ててソフトを更新し、

ver 1.0.5-r2

から

ver 1.0.6

に変更して書き換えてみました。



あいもかわらず

さすがにこれで大丈夫だろ……

と思った宮さんは鉄研にRaMoninoとマイコンを持っていきました。



まずはRaMoninoを使ったPWM制御のコントローラから。

こちらも下記参照サイトに作者様が載せています。
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/remonino3.html


P1170211.JPG

こんな感じでパンの板ブレッドボードの装置を組んで

P1170210.JPG
ボリュームを付けて


P1170214.JPG
試験車両を動かすと……


うわあああああああ.png

動きました

これで書き込みは正しく行われていたことが分かりました。


続いて自動折り返し運転の方ですが、

RaMoninoと配線が少し違います。

P1170212.JPG

変更点はモータードライバ以降の配線です。

自動折り返し運転の項に出てきた配線と同じように変えました。

すると……







よっしゃあああああああああああああああああああああ




と言うことで、何とか運転まで行けました。


ここで第1章は終わりです。


次回からは


第2章 プログラミング編


をお送りします。












ただ今遅延1カ月


宮さんのメンタルは貧弱貧弱ゥ〜〜!!!!
僕が喜ぶまでポチポチをやめないでください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村





































posted by だいありー2nd at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!第1章 第2話

第1話をまだご覧になっていない方は、下記からどうぞ
http://diary2nd.seesaa.net/article/404016113.html
『俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!第1章 第1話』


あらすじ〜

部品を購入し、難なく組み立てを終え、


後はプログラミングの書き込みだけとなった宮さん


しかし、謎のエラーが発生!!



解決のための試行錯誤が始まる!!


第2話 意外な結末


エラーの文をもう一度見てみると、
スケッチできない2.png

avr-g++: Create Process: No such file or directory

と書いてあります。

C言語で書かれたスケッチ(いわゆるプログラミング)は

g++gccと言ったコンパイラによって

コンピューターが制御しやすいように変換(コンパイル)されるのですが、


そのコンパイラが見つからないからコンパイルできない、


つまり

変換装置が見当たらないから変換できない


ような状態なわけです。


とりあえずこのarduino IDEをアンインストールして
もう一度インストールしてみました。






が、事態は改善されず……。



Google先生にこのことを聞いても


「日本語の検索結果少ししかないよー」


と言われてしまいました。

このわずかな望みにかけていざ出陣!!!!



























あ、対処法が乗ってた。


なんと同じ質問が掲示板に乗っていたのです。

下記URLをどうぞ
http://bb2.atbb.jp/arduinojapanino/topic/33796
『Arduino(japanino) 初心者フォーラム』


これの一番最後を見てみると……


『現在使用しているPCのユーザ名が漢字およびひらがなを使用していたため、
My documentsやデスクトップ等を経由するとパスに全角文字が入ってしまうことが原因だったようです。』



お、ということは……


ひらがなやカタカナがフォルダ名に入ってはいけない


ということなんです。


そういえば第一話で

ソフトウェアじゃだめ.png

『Program Files(x86)の「ソフトウェア」という新規フォルダにぶち込んでやりました。』




ソフトウェアじゃだめ.png

▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂うわあああああああああああ



ということで、名前を「ソフトウェア」から
「Arduino Software」というかっこいい名前にしました。






すると……







スケッチ完了.png

よっしゃああああああああああ






ということで、成功!!!



ふう、なんとか第3話から本格的に始められます……。



これからの景気づけにぽちぽちお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村


(宮さん)








posted by だいありー2nd at 11:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!第1章 第1話

皆さんお久しぶりです。宮さんが帰ってきました。

帰ってきたということは進展があったわけです。

ささ、本編をどうぞ





第1話 はじめっから失敗!?


タイトル通り、はじめっから失敗です。


今回購入した部品や具体的な手順は参照サイトに書いてあります。
ぜひ参照してください。
http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/arduino/001.html
『Arduino/Arduino互換マイコンで模型を走らせよう
〜互換マイコンを作る〜』


さあ、今回部品を買ってきましたが、
ブレッドボードUSBケーブルジャンパ線は家にあったので
後々使うモータードライバコンデンサを買ってきました。
出すのがめんどくさいので、写真は無しで!!


次に、参照サイトに書いてある
『USBシリアル変換モジュールのドライバ』
『avrdude-GUI』
『arduino IDE』

をインストールし、
Program Files(x86)の「ソフトウェア」という新規フォルダにぶち込んでやりました。
名前については好きなものでいいですが、これについては第2話で制約が……。
ソフトの準備はこれで完了!


さて、ブレッドボード上に指示通り部品を組み立てます。
P1160969.JPG

P1160970.JPG

まずは『avrdude-GUI』を使ってブートローダ(ファームウェア)の
書き込みを行います。
サイトの指示通り書き込んでください。

宮さんの書き込みはこんな感じ。

ブートローダ.png

全部書き込んだ後の画像なので、この画面に行きつけば

USBポートは「readボタン」を押したときに読み込めたポートでいいと思います。


これがすんだら配線を簡単にして設定完了の確認作業。


点滅したらオッケーです。


さて、ここまでは実はお盆前にやっていたことですが、



どうせ簡単だろ



と宮さんは高をくくっていたわけです。



現実はそう甘くない。



問題はこの後の書き込み作業でした。


『arduino IDE』の全ての設定を完了させ、

いざ書き込みボタンを押したのですが……



スケッチできない.png



はい!?




まさかのエラー発生……



お盆直前ということもあったので、
めんどくさいので放置しました



まあ、時が過ぎれば何とかなるっしょ、とか思ってたわけですねー。



はい、第1話はここまで。
また次回お会いしましょう。



オラオラよりもポチポチの方が好きかな。
皆さんのポチポチは無駄無駄にはなりません!!!!(笑)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村



(宮さん)

















おまけ
posted by だいありー2nd at 02:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

俺は手動運転をやめるぞ!ジョジョーーッ!〜計画編〜

(注)決して人間を超越するわけではありません。

今回は計画編です。というのも、


夏風邪を引いて三日三晩熟成していたので


土日を台無しにしたのと、


僕がもうすぐ合宿なので


それが明けてからはじめようと思っているからです。


まずは、どんなことをやるか。


これについては参考サイトを見ていただくと分かると思います。

http://www.geocities.jp/y_taka216/mokei/index.html


要は


マイコンを使って手放し運転をする」


お話でございます。



どんなことをするか。


まず、レイアウトにはポイントがないので基本エンドレスです。


このことを念において以下のラインナップで更新します。


第一章

Arduino互換マイコンという物無勢御用達のマイコンを利用して


簡単な折り返し運転
をします。


第二章

折り返し運転のプログラミングをちょっといじって、


複雑な運転をしてみたいと思います。


第三章


センサーを感知して減速するプログラミングを使って


自動運転をしてみたいと思います。


最終章

総集編としてもう少し複雑な運転をしたいと思います。


番外編


出来るかどうかわかりませんが、とりあえずやってみたいことがあるので……。




以上を夏休み中に更新します。


それぞれ章立てにしたのは、


初めての試みなので失敗例試行錯誤もお伝えしたいからです。


初心者の方や部員が見たときに、


「どんなことが出来るのかな?」


という疑問の解消を第一にやっていきたいと思います。


今日はここまで!!!




今日はオラオラですか?
いいえ。
皆さんのポチポチをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村



しーくんの書いた記事はこちらから


http://diary2nd.seesaa.net/article/402276293.html
『東京湾岸エリアの交通機関って、ほんとにボッタクr(ry』



(宮さん)







posted by だいありー2nd at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。